Now loading

Now Loading...

Menu
Close
Medicalbanner

「院外処方箋における疑義照会プロトコール」の運用について

保險藥局 管理藥劑師 各位

貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚く 御礼申し上げます。
平素より当院の処方せんを応需いただき、有難うございます。 

さて、薬剤師による疑義照会は医薬品の適正使用上、重要な業務です。 患者さん個々 の病状や検査値を勘案した疑義照会・処方提案はますます重要となり、その件数も増えています。
一方で、形式的な疑義照会はそれ以上に多くあり、患者・薬局薬剤師・処方 医師それぞれのご負担となっている場合もあるかと存じます。 

当院では、薬物治療管理の一環として、調剤上の典型的な変更に伴う疑義照会を減らし、患者さんへの薬学的ケアの充実および処方医や保険薬局での負担軽減を図る目的で 「院外処方箋における疑義照会プロトコール」の運用を開始することといたしました。 

詳細は、下記の通知及び添付ファイルをご覧ください。

養和病院「院外処方せんにおける疑義照会プロトコール」の運用について
プロトコール合意書
服薬情報提供書(トレーシングレポート)